遺産相続で裁判になるケースも多い

実際に最高裁判所が掲げているデータって気になるところですよね。
もちろん、この記事を読んでいるあなたは自宅の相続問題について調べているはずです。
ということで、一体どれくらい遺産相続で裁判沙汰になっているのでしょうか?

「司法統計年報」(平成18年度版)のデータを見ていくと
遺産分割をめぐる裁判の件数割合というものがはっきりとわかります。
わかりやすく相続金額別になっているので確認しやすいですね。

そのデータによると、まず平均的な遺産額は1,000~5,000万円となっているようです。
これは全体の4割となっているので、大きな目安になると思います。
ついで遺産額が1,000万円以下は全体の3割となっています。

ここからあることがわかると思います。
それは事件件数全体のだいたい8割が遺産額5,000万円以下であるということ。
これが意味しているのは自宅の相続トラブルの実に7割以上は相続税がかかっていないということです。

■データは嘘をつかないので調べてみて

とにかく自宅の相続トラブルにおけるデータはとても貴重です。
データははっきり言って嘘をつかないですし、参考になると思います。
もし、あなたが今相続問題で揺れているならデータが味方になってくれるかもしれません。

日本のどこかであなたと同じ体験をしている人が必ずいます。
ないものねだりをしても事態は収拾することがないので、まずは知識を身につけましょう。
そして、実際にあったトラブル例を参考にして解決策を見出すことが大切です。

いきなり解決策を知ってしまうよりも、トラブル例を見て学んだほうが懸命だと思います。
その方が頭に入ってくるといったイメージですね。

■自宅の資産価値が低くてもトラブルは多い

自宅の相続がきれいにまとまるケースは本当に希といっていいかもしれません。
必ずと言っていいほど、相続人同士でトラブルが発生しています。
まだ、自宅の相続問題とは無縁の人は決まって次のように考えているようです。

「相続問題でもめている人の多くは、莫大な財産を持っている家族だけ。」と。

はっきり言いますが、これは大きな間違いで相続問題はお金持ちだけに限ったことではありません。
問題となるのは自宅を相続する人の候補に“お金への執着心が強い人”がいれば、
自宅の資産価値など関係なくトラブルは起こりやすくなるということです。

トラブルが発生してしまうのは、相続人が持っている主張が対立するためです。
その主張は欲望といっても過言ではありません。
これらが絡み合うことで、どんどん相続問題はこじれていきます。

つまり、資産価値の大小ではなく、相続問題はどの家庭にも起こりうるということです。

■人をまとめることは大変なこと

内容が合致すれば、当然ですがトラブルに発展することはまずありません。
自宅の相続問題の大きな原因となるのは、それぞれの価値観と欲望といっていいわけです。
だからこそ、自分の家はお金持ちでもなければ、大した財産もないから問題ないと思っていたら大間違いです。

むしろ、大丈夫と感じている人ほど危険だと思っていいです。
自宅の相続問題に直面すると知識がないとまったく対応することができません。
ただトラブルに巻き込まれるだけになってしまい、ストレスと苦痛ばかりを味わうだけになります。

だからこそ、相続における知恵をしっかりと身につけておくことが大切だと思います。
泥沼化した相続問題のなかで苦しんでいる人はどれだけいることか・・・。
あなたもその“予備群”と言っても間違いではありません。

遺言がさらなるトラブルを招くことも

遺言さえあれば、こんな相続問題で困ることはなかったのに・・・
そう思っている方は世界にどれだけいることでしょうか?
ここ日本でも、それは数え切れないくらいに苦しみ悩んでいる人がいるはずです。

もしかすると、今この記事を読んでいるあなたもそのなかのひとりかもしれません。
しかし、必ずしも遺言があればトラブルに発展しないという確証はありません。
実は遺言が残されているケースでも、遺言内容次第でいくらでもトラブルに発展してしまいます。

もっとも遺言内容が正しく明記されていた場合はトラブルに発展することはないです。
たとえば、亡くなった人がしっかりと妻に自宅と土地それぞれを現金の半分で相続するようにと書いてあれば、
それに従うほかないので特にトラブルは起きないでしょう。

さらに残りは子供たちで分けてほしいという書き方だと素晴らしいと思います。
これなら、どんな人間でもトラブルを起すことなく従ってくれるはずです。

■相続でもっとも力を持っているのは誰?

ここでひとつの疑問が浮かびませんか?
それは「相続では一体誰がもっとも力を持つことになるのか・・・」と。
これについては、被相続人の遺言こそがもっとも強い力を持つことになります。

つまり、遺言状というものは相続を取り決めるすべてと言ってもいいわけです。
それくらいの効力を持っているので、当然に法定相続よりも強いものとなります。
だからこそ、遺言がない相続はトラブルになりやすいわけです。

遺言があれば、ただ流れに沿って進んでいくだけですからトラブルは起こりません。
もちろん、財産の大小によってトラブルになることはあると思いますが・・・。
とにかく相続でトラブルにならないためには財産額というものを無視することですね。

もちろん、これがもっとも難しい問題ですが・・・。
遺言を第一に考えることを徹底することができれば、トラブルは防ぐことができると思います。

自宅を相続する際におこるトラブルまとめ

いつの時代も平和に暮らしていくことができたら・・・。
どのご家庭もそのように思っていると思いますが、自宅の相続というのはなかなか上手くいかないものです。
親が亡くなり、自宅を誰が相続するかという問題はこじれるケースが多いようです。

いわゆる、「遺産相続」があっさりと解消するご家庭は少ないことがわかっています。
今この記事を読んでいる目の前のあなたもそのなかのひとりなのかもしれません。
もし、自宅の相続でもめているなら、ぜひ当サイトを活用してもらいたいと思います。

ちなみに統計では「財産は自宅だけ」と考えている人がとても多いようです。
これがもめてしまう原因で、国税庁が発表している情報によると
“全相続財産のうち不動産(土地、家屋等)が52%を占める”という結果が出たようです。

つまり、自宅の相続は決して他人事ではないことがわかります。
すでにこの問題に直面している人もそうでない人も、もしものときのために知識を得ておいたほうがいいと思います。
それにたくさんの預貯金を持つことなく、あえて自宅を所有している方が多いことがわかっています。

そんな自宅の相続におけるトラブルを一挙ご紹介していきます。

■これだけは知っておきたい!

トラブルになっている原因は、「自宅は分けることができない」ということです。
自宅を分けることができれば、きっと自宅の相続におけるトラブル例はあまりないはずです。
分けることができないからこそ、多くのご家庭で問題が生じています。

それにもめやすい傾向というものがあるらしく、それは「財産が自宅だけ」と思っている人のようです。
この考えを持っている方が何人も家族にいたとしたら、それはもうトラブルに発展しないわけがありません。
仮に資産家だったとして、自宅以外にもたくさんの物件などを所持していたら話は別かもしれません。

ただし、ここまで自宅の相続で問題になってしまうのは言うまでもなく
一つしかない“自宅”だからです。
この処理をどのようにしていくかが重要なポイントになります。

このような自宅の相続トラブルにはどういったケースがあるのかを当サイトでまとめていきたいと思います。