新しい二世帯住宅のあり方とは

二世帯住宅のプランを考える上で、
「夕食を一緒にするかどうか」
は全体を大きく左右します。
夕食を別にするなら「ダブルキッチン」、夕食を一緒にするなら「サブキッチン」というのが、プランのポイントになると思います。

■「夕食独立」の場合のプラン

まず夕食を別々に取る場合のプランを考えてみたいと思います。
子世帯は育児期であることを想定します。

夕食を別々に取りますから、それぞれの世帯は基本的に独立して生活することになります。
ですからプランも、それぞれの世帯をできるかぎり、はっきりと分けるようなものである必要があります。

ただここで考慮しなければならないのは、「育児」です。
親世帯が子世帯の育児に協力することは、子世帯にとっても必要となってくるわけですね。

そこでプランは、基本は独立でありながら、孫が子世帯と親世帯を行き来できるようなものである必要があります。
また親世帯が、子世帯に子育てを手伝いに行くようなことも、想定する必要があるわけです。

◎玄関

玄関は、それぞれの世帯に独立に設けます。
これにより、子世帯が帰宅が遅くなっても、親世帯の邪魔をせずに済むことになります。

◎内部行き来ゾーンを設ける

家の内部で、親世帯と子世帯が行き来できるゾーンを設けることがポイントになります。

◎リビング・ダイニング、キッチン

リビングとダイニング、キッチンは、親世帯と子世帯で別々に設けます。
それによってそれぞれが自分の生活リズムを保ち、独立して食事を楽しむことができます。

◎寝室・水回り

寝室と浴室、洗面室なども、別々とします。

■「夕食は一緒」の場合のプラン

夕食を一緒にする場合の多くは、親夫婦のどちらかがなくなり、片親になっている場合だと思います。
またこの場合には子世帯の子供も成人し、独立していく時期であると考えられます。

このような場合では、
「食事は一緒に取るけれど、その他の家事は別に行う」
という生活スタイルになると思います。
それでそれに合わせた住宅プランが必要になります。

また親世帯が高齢になるため、介護サービスなども必要となってくるかもしれません。
ですからそれを受けやすい工夫も必要になります。

◎親世帯にサブキッチンを設ける

このプランでは、まず親世帯にサブキッチンを設けるようにします。
ふだんは子世帯と一緒に食事するけれど、朝食は別に取るなどの場合、サブキッチンは必要です。

◎親世帯に勝手口を設ける

玄関は一つとしますが、親世帯に勝手口を設けます。
これによって親世帯が独立して家事を行う場合にも便利ですし、介護サービスも受けやすくなります。

◎寝室は同じフロアで

親世帯と子世帯の寝室は、同じフロアに設けるようにします。
それによって、親世帯の様子を子世帯が分かるようにします。

■独立性を優先するなら

二世帯住宅は、現在ではより独立性を高めたものも提案されています。
それは、二世帯をそれぞれ独立した2棟の建物に収容することです。

■二世帯を2棟に住まわせる

二世帯住宅は、同居とはまったく異なり、親世帯と子世帯がそれぞれ独立した生活を送ることを前提としています。
ですから様々なパターンはありながらも、キッチンやリビング、ダイニングなど、生活の主要スペースは全て独立に取られるのが基本です。

ただそれぞれが独立であると言っても、世帯によっては、「一つ屋根の下」に住むのが気詰まりだということもあるかもしれません。
親子だと、何やかにやと難しい問題が発生してしまいがちです。

そこで最近では、二世帯住宅の独立性をより高めたプランも提案されています。
それは、同じ敷地内に2棟の建物を建て、親世帯と子世帯が異なった建物で生活するものです。

もちろん2棟はまったく無関係ということではなく、建物のデザインは統一性がもたれています。
また中庭を設けることにより、両世帯が交流することもできるようになっています。

■中庭を交流スペースとして配置

建物は2棟ですが、それぞれL字型のプランとなっています。
そしてL字が開いた所に中庭を配置し、2棟が中庭を囲むようになっています。

この中庭により、親世帯と子世帯は、ふだんは別々に生活しながらも、お互いの気配を感じ、無事を書く飲することができます。
また孫が中庭で遊ぶことにより、親世帯と子世帯が交流することもできるようになっています。

さらに2棟の建物は、中庭に面するところにはリビングとダイニングが配置されるようになっています。
ですから中庭は、いわば「渡り廊下」のような役割を果たし、お互いが行き来できる橋渡しをするようにもなっているというわけです。

「親はスープが冷めない距離に」とよく言いますが、このような中庭を通した生活は、丁度よい距離感をもたらしてくれるのではないでしょうか。

■プライバシーは守られる工夫が

二世帯住宅には落とし穴もあります。
両世帯のプライバシーは、きちんと守られる事が重要です。
そこでこの2棟の建物は、プライバシー空間の窓は全て、互いに向かい合わないよう、ずれて配置されるようになています。
お互いの独立性を高めることが、ストレスを減らしてくれるということなんですね。

また両方の棟には、中庭だけでなく、それぞれのプライベートな庭も確保されています。
それぞれの世帯が気兼ねなくくつろげる空間も、もう一方で必要だということなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です