法定相続分がトラブルになることも

国の法律に従え形になればトラブルは起きないと思っている人は多いようです。
しかし遺産相続で裁判になるケースも多いのです。
実際のところ法定相続分からもトラブルに発展する場合があります。
たとえば、お父さんが亡くなったとして、自宅の評価額が3000万円だったとしましょう。

さらにお父さんは現金600万円の貯金を残していたとします。
この場合、財産を受け取るのは当然のことながら「法定相続人」となります。
一般的な解釈でいえば、妻とその子供が財産を受け取ることができます。

これだったら普通に請求すれば問題がないと思ってしまうものです。
しかし、法律に定められている法定相続分にも関わらず、トラブルになってしまうことがあります。
それは法定相続分というものには決まりが存在しているからです。

その決まりとは、“配偶者は2分の1の財産を受け取り、子供は残った財産を2分の1ずつ受け取る権利”です。
これを理解しておかないと、兄弟間や親子関係に亀裂が入ってしまうことも・・・。
よく見られるケースなので十分に理解しておくことが大切になります。

■この場合、具体的にどういった分配になるか?

では、この場合法定相続分がどういった分配になるか見ていきましょう。
まず、配偶者は財産の2分の1をもらうことができるわけですから、
妻は1800万円分を相続する権利を与えられることになります。

そして、仮にこの家族に子供が2人いたとしたら、それぞれ900万円分相続することになります。
これは法律によって決められているものですし、権利なので仕方がないことです。
トラブルにならないためには、しっかりと法定相続分について家族が理解しているかどうかです。

理解がないためにトラブルに発展してしまうケースは多いので注意したいところ。
もっとも自然に自宅の相続になったら、それぞれがじっくり調べるのがいいですね。
ただし、遺産が少ない場合はまたトラブルが発生する可能性があります。

たとえば、遺産が500万円程度だとすると、法定相続分を子供に与えるのが非常に難しくなります。
いずれにしても現金化する必要があるので、自宅だけでなく土地を売却する必要性があります。
金額の問題でトラブルに発展するケースはむしろ多いと思います。

■相続対策として養子縁組をしたはずが後のトラブルに

相続問題が発生する件数は年々多くなっていることがわかっています。
特に夫婦関係のこじれによって、相続問題がややこしくなっているようです。
近年では離婚や再婚が増えているため、家族関係が不透明になっています。

より複雑化した夫婦関係になってしまえば、当然ですが相続はかんたんにはできません。
難しくなるばかりでなく、トラブルになりやすいだけです。
そこで多くの人が相続対策として「養子縁組」をするはずです。

確かに養子縁組をすることはとても大切なポイントだと思います。
しかし、養子縁組が後のトラブルにつながってしまうことも考えられます。
では、何が原因でトラブルになってしまうのでしょうか?

 

■しっかりと養子縁組がされているか?

養子縁組がしっかりとされているかどうかが重要なポイントです。
かんたんな口約束程度でははっきり言って難しいと思います。
「ああ、そんな話もあったね」で済まされたら、相続することはできません。

縁組がされているかどうかをしっかりとチェックしておくことはとても大切です。
ですので、養子縁組は生きているうちに他の相続人に了承してもらうことが最低条件にあるはずです。
いずれにしても、慎重な配慮を持って進めないと後に困ると思います。

心から確信が持てる状態にしておくことが大切です。
不明な点があったらチェックする習慣をつけたほうがいいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です