自宅を相続する際におこるトラブルまとめ

いつの時代も平和に暮らしていくことができたら・・・。
どのご家庭もそのように思っていると思いますが、自宅の相続というのはなかなか上手くいかないものです。
親が亡くなり、自宅を誰が相続するかという問題はこじれるケースが多いようです。

いわゆる、「遺産相続」があっさりと解消するご家庭は少ないことがわかっています。
今この記事を読んでいる目の前のあなたもそのなかのひとりなのかもしれません。
もし、自宅の相続でもめているなら、ぜひ当サイトを活用してもらいたいと思います。

ちなみに統計では「財産は自宅だけ」と考えている人がとても多いようです。
これがもめてしまう原因で、国税庁が発表している情報によると
“全相続財産のうち不動産(土地、家屋等)が52%を占める”という結果が出たようです。

つまり、自宅の相続は決して他人事ではないことがわかります。
すでにこの問題に直面している人もそうでない人も、もしものときのために知識を得ておいたほうがいいと思います。
それにたくさんの預貯金を持つことなく、あえて自宅を所有している方が多いことがわかっています。

そんな自宅の相続におけるトラブルを一挙ご紹介していきます。

■これだけは知っておきたい!

トラブルになっている原因は、「自宅は分けることができない」ということです。
自宅を分けることができれば、きっと自宅の相続におけるトラブル例はあまりないはずです。
分けることができないからこそ、多くのご家庭で問題が生じています。

それにもめやすい傾向というものがあるらしく、それは「財産が自宅だけ」と思っている人のようです。
この考えを持っている方が何人も家族にいたとしたら、それはもうトラブルに発展しないわけがありません。
仮に資産家だったとして、自宅以外にもたくさんの物件などを所持していたら話は別かもしれません。

ただし、ここまで自宅の相続で問題になってしまうのは言うまでもなく
一つしかない“自宅”だからです。
この処理をどのようにしていくかが重要なポイントになります。

このような自宅の相続トラブルにはどういったケースがあるのかを当サイトでまとめていきたいと思います。

「自宅を相続する際におこるトラブルまとめ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です